“癖カレー”開発日記

関西を席巻中の独特なスパイスカレーを、自宅でも楽しむべくレトルト化に挑戦した「癖になるカレー」。
その舞台裏で巻き起こっていた開発担当者たちの悲喜こもごもを、4コママンガで大公開。
開発に携わった『口癖はカレー』の面々からの、無茶ブリ・要望・賛辞などなど、 どのような形で”癖カレー”は形を成して行ったのか、全8回でお楽しみくださいませ。

第2話 口癖はカレーより、ハリマ食品さんへ

「関西のスパイスカレーを研究して!」
 開発担当Hの場合 その1

第2話
開発担当Hのひとりごと

大阪のスパイスカレーを食べてみて「あ、一食全然食べれるし次の日も食べれる」と思ったのは初めてでした。 これはカレーだけどカレーじゃないなと。こんなカレーを作ってみたい! と思った瞬間でした。 小麦粉もそうですが、香辛料の使い方が全然違いましたね。飽きないし、毎日食べてられる。 口癖はカレーのみなさんに聞きながら行った何軒ものお店で食べてみて、今後作っていく方向性に関してはすごくよく見えてきたと思います。

作/モンキー・チョップ

大阪出身・在住の劇画漫画家。無名の剣豪・片岡新蔵と彼に挑む男たちのやりとりを描いたギャグマンガ 『名勝負数え唄』(双葉社)の単行本を発売。現在『漫画ゴラクスペシャル』(日本文芸社)にて、 『浪花任侠道』を連載中。その他詳しくは HPにて。

http://ameblo.jp/monkeychop/