“癖カレー”開発日記

関西を席巻中の独特なスパイスカレーを、自宅でも楽しむべくレトルト化に挑戦した「癖になるカレー」。
その舞台裏で巻き起こっていた開発担当者たちの悲喜こもごもを、4コママンガで大公開。
開発に携わった『口癖はカレー』の面々からの、無茶ブリ・要望・賛辞などなど、 どのような形で”癖カレー”は形を成して行ったのか、全8回でお楽しみくださいませ。

第6話 口癖はカレーより、ハリマ食品さんへ

「関西といえばのあいがけにして!」

第6話
開発担当Hのひとりごと

豆のカレーを「これじゃない」って言われたのは悔しかったです。自分でもなんとなく違うかな…と思って出してるだけにやっぱり。豆のカレーはいろいろと失敗でしたね…。全部が課題でした。おそらくカレー屋さんのパリップ(豆のココナツ煮込み)はあんまり炊かれてないと思うんです。ちょっと炊いて常温で置いているんだと思うんですけどレトルトは超高温で処理するので、豆が潰れるのを止めようがないんです。それも課題でした。

作/モンキー・チョップ

大阪出身・在住の劇画漫画家。無名の剣豪・片岡新蔵と彼に挑む男たちのやりとりを描いたギャグマンガ 『名勝負数え唄』(双葉社)の単行本を発売。現在『漫画ゴラクスペシャル』(日本文芸社)にて、 『浪花任侠道』を連載中。その他詳しくは HPにて。

http://ameblo.jp/monkeychop/