風だ(仮)発、アレンジレシピ

  • トップ
  • 風だ(仮)発、アレンジレシピ

神戸でスリランカカレーを供するカラピンチャ濱田さん、大阪で南インドカレーを提するゼロワンカレーまるちゃん、 同じく大阪でネパールカレーを供するダルバート食堂杉野さんの3人による店の頭文字を取ったユニット「風だ(仮)」。
店では副菜を混ぜ込んで食べるのが特徴のカレーを作り続ける3人に、『癖になるカレー』に一手間加えてより楽しく、 美味しく食べられる簡単アレンジレシピを特別にご紹介していただくスペシャルコラムです!

  • カラピンチャ濱田さんのレシピ
  • ゼロワンカレーまるちゃんのレシピ
  • ダルバート食堂杉野さんのレシピ

ゼロワンカレーまるちゃん 「ビーフキーマカレー×豆のカレー」のアレンジレシピ

食感のアクセントを担う野菜の炒め物と、南インドの混ぜダレ「チャトニ」に、 さっぱりと甘酸っぱい漬け物を添えた定食仕様の構成です。ココナッツの風味や チャトニの辛みなど、南インドらしい要素を取り入れました。

トマトチリチャトニ

材 料(2人前)
  • アーリーレッド(赤たまねぎ)*1 小サイズ1/2
  • トマト 小サイズ2個
  • にんにく 4 片
  • 赤唐辛子(ホール) 6 本
  • クミンシード ティースプーン1杯
  • ターメリック ティースプーン1杯
  • チリパウダー ティースプーン1杯
  • 少 々
  • サラダ油 適 量

*1 普通のたまねぎでも可

作り方
  • トマトを半分にカットし、さらに4つに切る。アーリーレッドは薄くスライスする。
  • フライパンににんにくが半分浸るぐらいのサラダ油を注ぐ。油が温まったらクミンシードを入れ、周りがシュワシュワしてきたら赤唐辛子を入れる。
  • にんにくとアーリーレッドをフライパンに入れて揚げ炒めにし、一旦粗熱をとる。
  • 粗熱がしっかり取れたらトマトを加え、ヘラで潰し再び加熱する。
  • 火を止めてからチリパウダーとターメリックを加え、にんにくをヘラで潰しながらペースト状になるまで全体を混ぜる。最後にしっかりめの塩味になるまで塩を加えて味を調整する。
  • 食べる時は冷ましてからいただく。冷蔵庫で2~3日保存可。
  • アーリーレッドは炒めるというよりも揚げるイメージで。カリカリになるまで、中火で全体を混ぜながらじっくりと。完成の目安は濃いきつね色。

  • 粗熱をしっかり取る前にトマトを加えると、油が跳ねるので注意を。それでも跳ねるようならフライパン用の蓋をかぶせながらなど、火傷には十分に注意を。

  • ヘラで潰す代わりにフードプロセッサーを使っても。その場合水分が出て痛みやすくなるため、チリパウダーは入れないこと。消費は早めに。

青菜とポテトの炒め物

材 料(2人前)
  • 小松菜 2 把
  • じゃがいも*1 1 個
  • 赤唐辛子(ホール) 3 本
  • マスタードシード*2 ティースプーン2杯
  • ターメリック ティースプーン1杯
  • ココナッツシュレッド*3 ティースプーン8杯
  • かつおぶし 適 量
  • 少 々
  • サラダ油 適 量

*1 メイクイーンが好ましい/*2 クミンでも代用可。その際はティースプーン1杯/*3 ココナッツファインでも良い

作り方
  • 皮をむいたじゃがいもを細切りにし、表面を軽く洗ってざるにあける。
  • 鍋底にたまる程度のサラダ油を鍋に注ぐ。強火にかけ、マスタードシードを入れる (※この時にマスタードシードが跳ねるので、火傷に注意。蓋があればすぐにかぶせて跳ねを防ぐ)。 マスタードシードが跳ねなくなったら、火を止めて赤唐辛子をホールのまま入れる。
  • キッチンペーパーで水分をとったじゃがいもを鍋に入れ、強火で炒める。塩で味を整え、ターメリックで色付けする。
  • じゃがいもに火が通ったら、小松菜を入れて炒める(青菜はお好みのものでOK)。小松菜がしんなりしたら、ココナッツシュレッドを入れてさっと炒める。 油が気になるようであれば、キッチンペーパーで取り除く。
  • 仕上げに鰹節をふりかける。
  • 油にマスタードシードの香りを移す。表面が黒くなり、特有の爽やかな香りが出てきたら次の行程へ。油跳ねにはくれぐれも注意すること。

  • 揚げ炒めにするため油の量が少々多めなので、じゃがいもの水切りは入念にして跳ねを防いで。炒める時はターメリックが全体に馴染むように。

  • じゃがいもは中央に少し芯を残したシャキシャキの食感を目指そう。炒め過ぎると水分が出て食感が損なわれるので、3.から4.の行程は手早く。

大根の浅漬け

材 料(2人前)
  •  大 根 5センチ
  •  クミンシード ティースプーン1杯
  •  赤唐辛子(ホール) 2 本
  •  サラダ油 少 々
  • 【調味液A】さとう ティースプーン3杯
  • 【調味液A】米酢 大さじ5杯
  • 【調味液A】塩 少 々
作り方
  • 大根を薄いいちょう切りにする。
  • ボウルに切った大根を入れ、合わせた【調味料A】を入れて和える。
  • 小さなフライパンに油を注ぎ、しっかり熱したところにクミンシード、 赤唐辛子の順に入れる。クミンシードの周りがシュワシュワしてきたら火を止め、ボウルに油をスパイスごと注ぐ。 浅漬けと油をしっかり混ぜ合わせる。
  • 調味液Aのさとうの量はお好みで。市販のすし酢や甘酢でも代用できる。いわゆるインド版のなますで、大根以外にかぶでもおいしくできる。

  • 香りを移した油を馴染ませるため、耐熱皿を使用し油は必ず熱々の状態で回しかけること。和えたてもいいが、夏場は冷蔵庫で冷やしても。

おまけのレシピチャイ

材 料
紅茶の茶葉* 大さじ1杯
牛乳 500cc
350cc
シナモンスティック 1片ほど
カルダモン 5粒ほど
クローブ 5粒ほど
黒ざとう 大さじ3杯

*アッサムが好ましい

作り方
1. 片手鍋とミルクパンを用意する。牛乳以外の材料を片手鍋に入れ、水を注いで煮立たせる。この時にカルダモンのみ、皮をむいて入れる。
2. ミルクパンに牛乳を注ぎ、膜が張らない程度に温める。
3. 水の量が4/5の量になるまでしっかり茶葉を煮出したら片手鍋の火を止め、軽く粗熱を取る。ミルクパンも同様に火を止め、粗熱を取る。
4. 牛乳を片手鍋に注ぎ、全体をしっかり混ぜ合わせる。
5. こし器を使ってグラスに注ぐ。牛乳が固まってしまうため、温め直す時は弱火で加熱し、絶対に沸騰させないこと。
今回、アレンジレシピを紹介して頂いたお店
ゼロワンカレー
ゼロワンカレーの詳細はこちらをクリック